ゴールデンキャンドルのお茶に要注意!

ゴールデンキャンドルのお茶を飲むと腹痛になる?!

正直・・・慣れていないと腹痛になる可能性大です!

過剰摂取すると腹痛になるのはもちろんですが、普通に飲んでも便秘茶や下剤に慣れていないと腹痛にうなされる可能性は高いです!自分なりの摂取バランスを見つけることが必要です。

ゴールデンキャンドルで腹痛の原因は下剤成分「センノシド」だ!

ゴールデンキャンドルにはセンノシドという、下剤と同じ作用を引き起こす成分が入っています。

この成分のおかげで、適量のお茶を飲めばお通じが良くなるわけなのですが、もともと腸の弱い方が「パッケージで適量」とされている量を飲むと、センノシドの効果がありすぎて、おなかを下してしまう可能性があります。

おなかがゆるいタイプだと自覚されている方は、ゴールデンキャンドルの健康茶の摂取量にも注意が必要です。自分の体質に合わせて、飲む量を減らすとか、お茶の抽出時間を短くするとか、色々試してみてください。

おなかの状態が普通の方は、くれぐれも用法・用量を守って、1日の摂取目安量を超えての飲用は控えてくださいね。

ゴールデンキャンドルを飲む側の私たちが注意することが一番大事!

ゴールデンキャンドルとその成分、腹痛との関連性についてお話してきましたが、最終的には飲み手である私たちの注意に委ねられるところが大きいのです。

「ゴールデンキャンドルには下剤成分であるセンノシドが入っている」と「腹痛になる可能性がある」は、イコール(=)ではありません。ゴールデンキャンドルのお茶を飲んで腹痛になるかどうか(もちろん誰もなりたくないとは思いますが…(;^^)は、最終的には飲み手である私たちにかかっているのです。

一日の摂取量は必ず守ること。これがまず鉄則ですが、ここからあとは、個人の体質やその日の体調に合わせて飲む量を整えていく。一人一人に合った飲み方をすれば、ゴールデンキャンドルのお茶を飲んで腹痛に悩まされることはなくなるはずです。

モリモリスリムの副作用とかは特に危ないと聞きますので飲み方には注意してくださいませ。モリモリスリムの口コミ

運動するなら軽くからで良い

ジムに通う暇がないという方には簡単にできる「ドローイン」という運動をオススメします。とても簡単に出来るもので、まず、仰向けに寝転がり、膝を立てます。息を吐きながらお腹をグッと凹ませるだけです。やるときは、お腹をへこませると同時に腰・背中が床にグッと押し付けられるようにへこませましょう。怪しげだけど、ダイエットしてる人は痩せ薬を飲んでみたいと思うことってあると思います。2週間後には理想体重になる、とか魅力的な広告に惑わされそうになるかと思います。

 

副作用の心配があり、重篤な症状が出る恐れもあり、たとえ痩せても不健康になってしまう恐れがあります。痩せ薬に頼りたいと思ってしまうほどダイエットが思うように上手くいっていない人は、痩せ薬なんかより、安心安全な漢方薬がおすすめです。漢方薬にも痩せる効果のあるものは多く、基礎代謝をアップさせてくれるもの、むくみを取るものまであるので、痩せやすい体質を作ることができます。安心安全の自然の生薬を使用したものなので、副作用を気にする必要もありません。皮下脂肪や内臓脂肪を落とすために運動をたくさんしている、ダイエッターの方も多いと思います。定期的に行う運動に少し動きを加えれば、厄介な脂肪も減りやすくなります。

 

水泳やエアロビクスといった有酸素運動の前に、筋トレを必ず行うようにしましょう。有酸素運動で汗をかく前に筋トレでウォーミングアップを行えば、からだの中で内臓脂肪や皮下脂肪の脂肪細胞が分解されやすくなるので、脂肪燃焼がより一層進みます。下半身の脂肪を燃やしやすくする筋トレは、下半身の筋肉を刺激するスクワットやレッグレイズ、プランクをするようにしましょう。後ろからみると痩せて見えるのに、横から見るとお腹だけ出ている、内臓脂肪がたくさんついてしまっている証拠です。内臓脂肪は高血圧や脳梗塞などを引き起こすこともあるので、元気に毎日過ごすためにも、すぐにダイエットに取り組みましょう。内臓脂肪はつきやすいですが落としやすいと言われているので、少し意識を変えるだけで簡単に痩せることができます。